写真

写真

2020/5/4

クロアチア・スロベニア風景写真@ドゥブロヴニクの城壁一周巡り(その3)

5月30日(土) 城壁の内側は、ここで生活している人の営みを間近に見ることができます。 写真は家と城壁との間にヒモを渡して、洗濯物を乾かしている光景。なぜか絵になりますね。笑 一部の場所は、がれきの山になっていました。 1991年12月、旧ユーゴ連邦軍による砲弾がこの街に浴びせられました。ユーゴスラビア連邦解体の過程で起こった内戦です。砲弾の数は2,000発といわれており、旧市街の多くの建物は破壊され、多くの市民が犠牲になったそうです。 これまで旅してきた場所の数々に、内戦の傷跡が見受けられましたが、ここ ...

写真

2020/5/4

クロアチア・スロベニア風景写真@ドゥブロヴニクの城壁一周巡り(その2)

5月30日(土) 城壁の上を伝って南の海側に出たので、振り返って撮ったのが上の写真です。 屋根の朱色、城壁の白、アドリア海の紺碧色が綺麗なコントラストを生み出していました。 写真をよく見ると、カモメが飛んでいます。 城壁の上は結構広い幅があるところもあり、そんな場所には休憩に持ってこいのベンチ?があります。少々日差しが強いですが、水平線を眺めながらぼーっとするのもいいですね。

写真

2020/5/4

クロアチア・スロベニア風景写真@ドゥブロヴニクの城壁一周巡り(その1)

5月30日(土) ドゥブロヴニクの旧市街は城壁で囲われていますが、実は城壁の上は遊歩道になっており、(お金を払えば)一周することができます。 1周2kmの遊歩道は、旧市街散策のハイライト。クロアチアらしい褐色の屋根瓦と紺碧のアドリア海の風景を楽しめます。 城壁の上を回るルートに規制はないのですが、反時計周りに回る人が多かったです。 ガイドブックにも、反時計回りのほうがラクと書いてありましたし・・・。 そんなわけで、私も反時計回り。 上の写真は、西の入口であるピレ門を入ってすぐのあたり。 眼下にオノフリオの ...

写真

2020/5/4

クロアチア・スロベニア風景写真@ルジャ広場【魚眼】

5月30日(土) ドゥブロヴニクのメイン通りであるプラツァ通りの東端、旧市街の中心にはルジャ広場があります。以前はここで青空市場が行われていたとか。 広場の東(写真では左端)に立つ高さ31mの鐘楼は、1444年の完成。壁面には時計が備わっており、毎正時と30分ごとに鐘が鳴らされます。 広場の中心(写真では正面)に立つ柱には一体の騎士像があります。 これは、ヨーロッパ都市の自由と独立の象徴とされる伝説の騎士、ローラントの像。 1418年に作られたもので、この像の右腕の肘から手首までの長さである51.2cmが ...

© 2021 Exuding My Desire. emdesire.com