【レビュー】NANAMI ワイヤレスQi急速充電器セットと車載スマホホルダー(ワイヤレスQi急速充電器)

参考iPhoneSE2をAppleストアで購入。Apple Trade Inの下取りキットが届かなくて焦りました。

続きを見る

先日iPhone7からiPhoneSE2に機種変更したので、ついに私もワイヤレス充電(Qi規格)を行えるようになりました。
早速アマゾンでワイヤレス充電の機器を物色開始♪

折角買うならば、急速充電できるものがいいですよね。
iPhoneSE2付属の充電器は5Wのもの。
iPhone8以降の機種が対応するワイヤレス充電は最大7.5Wまでらしいので、7.5Wに対応した充電器であれば「急速充電」ということのようです。
調べた限り、「QC3.0対応」のACアダプタ+Qi規格のワイヤレス充電機器というセットであれば、7.5W対応のようです。

※ちなみに本当の「急速充電」は、USB PD対応のADアダプタと「USB-C - Lightningケーブル(USB-C toライトニング ケーブル)」の組み合わせによる有線接続で、この場合は18Wで充電できるので付属品の3倍以上、ワイヤレス急速充電の2倍以上速いということになります。(でもまだまだ高価。)

 

車載スマホホルダー兼Qiワイヤレス急速充電器

スマホの充電関係機器で信頼性のあるブランドといえばANKERですが、他にないかなぁとポチポチしていたところ、ちょうどアマゾンでNANAMIブランドの機器が安価になるキャンペーンを実施中でした。

NANAMIというと中国系だったよなぁと思って会社検索した結果はこちら。頑張っているようですが、公式HPがないとか怪しいですねぇ。
でも、↓の車載スマホホルダーのワイヤレス充電器がすごい気になる!!

「知能的センサー・ワンタッチ機能搭載」電源を入れると、アームが自動的に開き、スマホを乗せると自動的に締めます。従来の充電ホルダーと異なり、バッテリーを内蔵されたので、車のエンジンを切れても両側のボタンを押せば、スマホを取り外します。運転中でも片手でスマホを取り付けます。

というギミックに惹かれて購入してしまいました。
いやー、格好いいです、これ。大好き(笑)思わず動画を撮ってしまいましたよ。

口コミを見ると、アームの自動開閉がすぐ壊れたというコメントも一部見受けられたので、若干カケでしたが、2週間程度利用しているものの今のところ正常動作しています。エンジンオフ後もバッテリーで開くボタンを押せるのがよいですね。

「知能的センサー・ワンタッチ機能搭載」両側にインジケーター付き、スマホを乗せると、緑色で点灯し、充電開始します。

ケータイ下側が青白く光っています。緑色のはずですが、なんか青っぽい・・・。

スマホホルダに接続するケーブルはUSB Type-Cケーブル(1m)。
ホルダ側がType-Cの平べったい形状になっていますが、反対側は普通のUSBのコネクタとなっていました。

そのため、上のようなQC3.0対応のアダプタに接続することで、7.5Wの急速充電が実現できます。

スタンド型のQiワイヤレス急速充電器

NANAMIの製品を複数買うことで安くなるキャンペーンをアマゾンで実施していたので、自宅据え置き用のスタンド型も購入しました。
こちらは、QC3.0アダプター+USB-Cケーブル(1m)付属のセット品です。
そのため、前述の車載スマホホルダーのように別にアダプターを用意する必要がなくてよいですね。

スタンドはしっかりしており、2週間程度利用していますが、充電もちゃんとできています。
ただ、口コミを見ると付属のアダプターのほうの品質が粗悪なものもあるようで、これもカケですねぇ。
壊れてしまったら、諦めて高価だけど品質が安定しているANKERのものを買おうと思います。

一度、ワイヤレス充電を経験してしまうと、その便利さから有線には「急いで充電したい」時以外は戻れなくなりました・・・。

-DIY, デジモノ, 携帯電話, 車いじり

© 2020 Exuding My Desire. emdesire.com