iPhoneSE2への機種変更。クイックスタートでトラブル。絶望のリンゴループ発生。

7月にiPhone7からiPhoneSE2に機種変更し、それなりに順調なケータイライフを送っております。
CPUの進化の恩恵はあまり肌で感じられませんが・・・。

参考iPhoneSE2をAppleストアで購入。Apple Trade Inの下取りキットが届かなくて焦りました。

続きを見る

さて、実は妻もiPhone7を使っているのですが、写真をよく撮るのでメモリがもうパンパンです。あまり使わないアプリを削除する等色々やっておりますが、ついにiOSの更新さえ容量不足で難しい状況に。でも、乗り換え作業の大変さやデータ移行失敗の不安感から乗り換えを躊躇していたので、先日の私の乗り換えの記事を見せて「クイックスタート」のデータ移行の簡便性をアピールし、機種変更を強く勧めました。

その結果、妻もiPhoneSE2(256MB)に機種変更することを決断。アップルストアで白色を購入です。

はい。すぐにアップルストアから到着しました。早速「クイックスタート」で乗り換え作業を開始!

ところが、1時間くらい経過したところでSE2側の画面に「続けるにはデバイスを近づけてください」という表示が出て、旧機種のiPhone7側は通常の待ち受け画面に戻ってしまいました。おかしいなぁ・・・。

両機種ともに再起動して再度「クイックスタート」を開始・・・。やはり途中で同じ症状が出てデータ移行がストップしてしまいました。

上記の記事とコメントを確認したところ、近くに別のiPhoneやiPad等があると途中でストップしてしまうことがあるらしいですね。あらためて私のiPhoneやiPadの電源を切って再度「クイックスタート」を開始・・・。やはり途中で同じ症状が出てデータ移行がストップしてしまいました。うーん。なんでだろう。

両機種ともに再起動して再度「クイックスタート」を開始・・・。これまで、開始してからデータ移行ストップまでの間、目を離していたのですが、今回はじっと眺めていることにしました。すると、iPhone7側が発熱しはじめ、「高温」マークが出てストップ。SE2側の画面に「続けるにはデバイスを近づけてください」が表示されたのです。

「夏場だし、高温になってしまったので安全のために移行がストップしてしまったのだな」と理解して、アイスノンを敷いて再度「クイックスタート」を開始。今度は順調です。

残り4時間の表示。移行元のiPhone7は128MBなのですが、結構長いですね。この後「残り2時間」くらいまですぐに減っていったのですが、ちょっと不安になりました。そして残り15分のところで・・・。

データ転送を完了できません」の表示。

なんでやねん!!朝一からトライしていてもう半日終わってしまいましたよ。私の時は1時間もかからずに終わったのに・・・。
ふと、iPhone7の画面を見たら、「iOSを更新した」旨の表示が出ておりました。裏側でいつの間にか更新が行われていたようです。そりゃ不安定になるわな・・・。まぁ、もう大丈夫でしょうと思って、改めて両機種ともに再起動し、アイスノンも別のものに取り換えて再度「クイックスタート」を開始・・・。

はい、だめでした・・・。(涙)
「クイックスタート」によるデータ移行は諦めて、昔ながらの「iTunesに有線でバックアップ→有線でデータ転送」にチャレンジするしかないですね。

・・・ん?iPhone7の動作が変です。固まっているようですね。再起動、再起動♪

・・・リンゴマークが表示されたまま起動しません。(;´Д`)

・・・まだバックアップ取ってないよ・・・冷や汗をかきつつ、再起動・・・リンゴマークのままです・・・((((;゜Д゜)))ガクガクブルブル

あまりの恐怖に写真なんて取れませんでした。これって、これまで記事等でしかみたことのない「リンゴループ」ですよねぇ。
iPhoneにリンゴマークだけが表示され続け、何をしてもホーム画面にたどり着けない。永遠とAppleのリンゴマークをただ眺め続けることになり、iPhoneがただの文鎮と化す恐怖の状態です。WindowsPCならば、Windowsが壊れても最悪Linux等を載せた別PCから無理やりHDDにアクセスしてデータ救出することもできると思いますが、AppleだしiPhoneだし無理。

動揺する気持ちを抑えて、ネットで解決策の記事を探します。

リンゴループの発生原因はいくつかあるようですが、今回は「アップデートの際に失敗するケース」「強制終了を必要以上に行うケース」が該当しそうです。
特に容量いっぱいだったのにアップデートが勝手に行われ、ちゃんとアップデートできていなかったのではないでしょうか。
自己解決方法は次の4つ。

  1. SIMを抜いて起動する
  2. セーフモードで起動する
  3. iTunesで同期する
  4. iTunesでiOSをアップデートする

1を試しましたがダメでした。2は初期化されてしまうので使えません。
3を試したところ、なんとPCのiTunesでiPhone7(リンゴループ中)を認識してくれました!これは助かるかも!!
「iOSが壊れているので「復元」または「アップデート」しますか」みたいなことをiTunesが聞いてきてくれました!

「復元」はデバイスのデータも消去されてしまうので、迷わず「アップデート」を選択です。

・・・ん?なぜかもう一回「復元」または「アップデート」しますかと聞かれました。「アップデート」ですよ!データ消されちゃ困るから!!

そしてついにiPhoneが動き出し・・・「こんにちは」と表示されました
購入して初めて表示される画面と同じですね。人生\(^o^)/オワタ

「アップデート」選択したよね。なんで勝手に「復元」しちゃってるの???

妻の顔を怖くて見れません。「クイックスタート」ですぐに機種変更ハッピー!を体感してもらおうと、バックアップとらずにここまで来てしまいました。

妻からは・・・「絶望した」と一言。

・・・。

・・・。

1年位前にバックアップしていたiTunesのデータを見つけたので、また2時間くらいかけてiPhoneSEへ転送。
平謝りしましたが、足元の1年分のデータが消えました。

ただ、写真と電話帳だけは、Qubii Proを利用していたおかげで復活できました。買っておいてよかった。

問題はアプリです。サーバー退避型のアプリはIDとパスワードさえわかれば概ね復活できますが、肝心のIDとパスワードが覚えていられない。
LINEだけは、事前にトーク履歴のバックアップまで行っておいたので復活はできましたが、なぜか個人間のトークが「Letter Sealing」と書かれて見れなくなっていました。

対処法(Letter Sealingのオン・オフ)を試してみたものの、復活しませんでした。妻はさらにがっかり・・・。

私は普段は、人一倍バックアップにはうるさいほうなのですが、今回なんで「クイックスタート」を過信してしまったのか・・・とほほ。
猛省。皆さんもお気をつけて。

-デジモノ, 携帯電話
-, , , , ,

© 2020 Exuding My Desire. emdesire.com