Apple Pencilのようなもの(iPad ペン KIMWOOD「第3世代」)を買いました

Apple Pencilのようなもの(iPad ペン KIMWOOD「第3世代」)を買いました

自分の子供にはiPadでのお絵描き用途のためにApple純正のApple Pencil(第1世代)を買ってあげましたが、私自身もマイiPad(10.2インチ、第9世代)を持つようになってから、iPadの機能フル活用のためにはタッチペンがあると便利なのではないかと思い始めました。

しかし、私は特に絵描きの趣味がないので、Apple純正品ほど高級なものは宝の持ち腐れになるリスク大。念のためアマゾンで検索すると、今は第2世代が主に流通していて1.5万円とか・・・。高っ!

created by Rinker
Apple(アップル)
¥19,077 (2022/10/04 16:07:28時点 Amazon調べ-詳細)
accesstepcohi-22

そこで、Apple Pencil「のようなもの」を探してみることに。
はずれくじが多そうですが、レビューを参考にしながら渡り歩いた結果、iPad専用ペン KIMWOOD「第3世代」なるものに到達。

筆圧感知機能はないですが、それ以外の機能はしっかりしていそうで、しかも価格は3千円程度と本家の1/5の価格帯。筆圧感知が必要な書道っぽい作業は不要だろうと考え、これを買ってみました。

〇良かった点
・iPad(10.2インチ第9世代)でしっかりペンとして認識され、遅延なく反応してちゃんと使えました。
・Bluetoothで接続しなくても利用できるのはとても便利。ペンのトップボタンを押すと電源ONとなり、すぐiPadでメモやスケッチが可能。
・パームリジェクション機能もしっかり働きました。
・約1時間でフル充電という充電の短さもよいですね。仕様ではフル充電で10時間の連続使用が可能とのことですが、そこまで試したことはありません。

〇残念だった点
・自分にはペンの長さが少し短く、トップボタンの感度が良いために誤ってメモ中に電源OFFにしてしまうことがたまに発生・・・。


純正のApple Pencil(第1世代、右側)と長さを比較。太さはほぼ一緒ですが、 KIMWOOD「第3世代」のほうが長さが若干短いです。あともう少し長ければ満点評価でした!

トップのほうに電源ランプがあり、充電端子の穴も開いています。端子はUSB-C規格。

充電ケーブルを差し込んで充電中の様子。USB-Cの充電ケーブルは短いですが付属しています。

あと、交換用のペン先が3個ついていました。

その他、磁気吸着機能もウリにしているようですが、これはiPad Pro等、iPad側が上位機種じゃないと恩恵は受けられませんね。

Apple Pencil「のようなもの」はたくさん売られていますが、これは「当たり」と言ってよいのではないでしょうか。

-デジモノ, 携帯電話